資料請求はこちら
Caffezumとは? a'DandCが手掛けたカフェ Caffezumで使えるアイテム&サービス Caffezum事例 Caffezumの流れ

Caffezumとは?
“Caffe zum(カフェズム)”とは『カフェに住もう』というa'DandCのオリジナルコンセプト。 スケッチ

2009年、エーディーアンドシーが入るビルの1階事務所をカフェに改修しました。 心地よい音楽が流れ、アンティークの小物と家具に囲まれた店内でコーヒーを飲みながら過ごす束の間の時間。この場所が「うち」ならいいのに・・・。 そんな想いから Caffe zum プロジェクトは始まりました。

これまでエー・ディーアンドシーはたくさんのカフェや店舗を手掛けてきました。 そこから得たノウハウやアイディア、アイテムを住宅に採り入れることで日常と非日常の中間、まるでカフェのような空間をつくります。

内装仕上げはもちろん、家具やアンティーク食器までトータルでご提案も可能です。

どんなカフェを作るか?
それはお施主様のお好み次第。
それぞれの理想のカフェづくりを実現するため、エー・ディーアンドシーは住まい手の『こうしたい』を形にすることをいちばん大切にしていきます。

友人が集まればカウンター越しに会話を楽しみながら、カフェオーナー気分でおもてなし。ひとりになったらのんびりカウンターで読書。
仲間と過ごす時間も、ひとりの時間も楽しみたい・・・そんなカフェ世代に贈るこだわりの詰まった空間です。
自分だけのカフェ、作ってみませんか?
ページの先頭へ

a'DandCが手掛けたカフェ
Planet 3rd Planet 3rd WIRED CAFE WIRED CAFE
246 CAFE <> BOOK 246 CAFE <> BOOK Afternoon Tea Afternoon Tea
ページの先頭へ

Caffezumで使えるアイテム&サービス
家具 【DCLOFTS】品(タイル) caffe nero

エー・ディーアンドシーの1階にある caffe nero はショールームのように様々なアイテムを実際に見る事が出来ます。

アンティークの食器についても相談に乗ってくれる Caffe zum の良きパートナーです。
家具
家具 DCLOFTS品(タイル) モンキートラック 黒板塗装 ガチャ柱
家具 DCLOFTS品(タイル) ■モンキートラック ■黒板塗装 ■ガチャ柱
ページの先頭へ

お問い合わせフォーム

Caffezum事例
CASE1
ダイニングキッチンをメインとした間取り
見せる収納でお気に入りの食器や本をレイアウト ベッドルーム側からシステムキッチンが見えないよう囲い TV台は足場用の単管を使ったラックを改造 水回りには廊下でも使ったブリックタイルのホワイト 生活感を抑えるよう工夫

MY-HOUSE

2LDKのマンションをひろびろとしたワンルームにカフェズムでリノベーション。
お施主様はもともとカフェによく通っており、中古で購入した物件をカフェのようにリノベーションしたいと考えていました。 エー・ディーアンドシーの1階にある当社で設計施工をした caffe nero にて打合せをし様々な素材や作り方を見てさわっていただところ、とても気に入ってくださり、 Caffe zum 要素をふんだんに採り入れたリノベーションを行うことになりました。

窓から遠く薄暗い雰囲気だったキッチンの位置を大きく変え、対面にしてダイニングキッチンをメインとした間取りに。 キッチンから続く無垢のダイニングテーブルは、カフェのカウンター席のイメージで。 カウンター廻りにはベッドルーム側からシステムキッチンが見えないように腰上まで羽目板で囲い、冷蔵庫を隠すように黒板塗装で仕上げ。 黒板はカフェのようにメニューを書き出したり、伝言板としても利用できます。

キッチンの後ろ壁には、見せる収納でお気に入りの食器や本をレイアウト出来るようにしています。 玄関から水回りへ続く壁にはブラウンのブリックタイルで装飾を施し、ベッドルームを囲う壁は赤でペイント。
水回りには廊下でも使ったブリックタイルのホワイトを貼り、統一感を持たせています。 TV台は足場用の単管を使ったラックを改造して荒っぽさを出し、生活感を抑えるよう工夫しました。

図面
CASE2
お気に入りの小物やファブリックなどにマッチするようなカフェの雰囲気の仕上げが御希望でした。
屋外にはウッドデッキを造作。暖かい季節にはカフェのテラス気分でお茶を楽めます。 リビングとワークスペースの壁の一部にはランバーをランダムに貼り付けて装飾。 重さも気にせずアートワークをぶら下げたりすることもできます。 カフェの席をイメージしたキッチンのカウンターには古材を天板に使用。ハイチェアーにもマッチしています。 在来の古い浴室はユニットバスにして、トイレと洗面所の間の間仕切りも撤去。 トイレ廻りはエイジングを施した羽目板で腰上まで囲い、目隠しにしています。

OT-HOUSE

4LDKの戸建て住宅をカフェズム仕様でリフォーム。
お施主様はカフェオーナーのご夫婦。お気に入りの小物やファブリックなどにマッチするようなカフェの雰囲気の仕上げが御希望でした。 既存で使える物を有効利用しながら、お施主様自らも工事に参加してご自宅のカスタマイズを行いました。
小分けにされていた1階の部屋は間仕切りを撤去し、広々とした寝室に変更。 在来の古い浴室はユニットバスにして、トイレと洗面所の間の間仕切りも撤去。 トイレ廻りはエイジングを施した羽目板で腰上まで囲い、目隠しにしています。 2階もオープンな空間にするためにキッチン周りの壁を壊して、補強の柱を入れむき出しにしました。

カフェの席をイメージしたキッチンのカウンターには古材を天板に使用。ハイチェアーにもマッチしています。 リビングとワークスペースの壁の一部にはランバーをランダムに貼り付けて装飾。これなら重さも気にせずアートワークをぶら下げたりすることもできます。

屋外にはウッドデッキを造作。暖かい季節にはカフェのテラス気分でお茶を楽めます。

住みながらオーナー自ら改良を続けていくと言うことで、あえて最初から作り込まずラフに仕上げ、のちのちオーナー好みの部材などを取り付けたり加工したりできるような家造りをしました。

図面
ページの先頭へ

Caffe zum(カフェズム)の流れ
sp
sp
ご相談 まずは電話かメールでお問い合わせ下さい。
sp
ヒアリング 具体的なイメージがなくても構いません。大まかな御希望をお伝え下さい。 弊社1階の caffe nero で実物をみながらのお打ち合わせも可能です。 もしお好きなカフェのイメージ写真などがあればお持ち下さい。
sp
現場調査 実際に現場を調査し、イメージとのすりあわせを行います。
sp
プランニング・概算見積 ラフスケッチやプランニング図面、写真などによりイメージやレイアウトを確認。
sp
打合せ ご予算と照合し、項目を精査していきます。
sp
正式見積・ご契約 プランをご検討いただき、エー・ディーアンドシーにおまかせいただけるようでしたら正式な見積を提出し契約を結んでいただきます。
sp
打合せ 日程や細かい仕様を打合せします。
sp
近隣挨拶 ご近所への挨拶まわりや管理組合等への書類提出をいたします。
sp
着工 工事に着手します。養生等を徹底し、近隣にご迷惑をかけないよう努めます。
※工事の内容によっては、お施主様立ち会いのもと現地にて工事経過の確認をお願いすることがあります。
sp
工事完了・お引渡し 工事完了後お客様にお立ち会いいただき、完工検査を行います。
不具合や疑問点がないか確認をしていただき、お引渡しになります。
不具合があった場合は、お引渡し書に補修内容、補修の日付を記載し、対応させていただきます。
sp
アフターサービス お引渡後も不具合などが合った場合は迅速に対応致します。
sp
sp
ページの先頭へ
sp
お問い合せフォーム
sp
サービスページへ戻る
sp
トップ | サービス | 仕事 | 計画 | プレス | 組織 | 方針 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ Copyright (C) 2006 - 2017 a'DandC co.inc. All Rights Reserved.
株式会社 エー・ディーアンドシー
一級建築士事務所 東京都都知事登録第48414号
建設業登録 東京都知事許可(般15)第120023号
東京都世田谷区北烏山9-2-4
Phone 03-5315-3519
Fax 03-5315-8236
Copyright (C) a'DandC co.inc. All Rights Reserved.